2016/06/24生き方

kakita_16062501

20代30代で汗をかいてきました。

(もちろん冷や汗も)

 

40代から、やっと少しずつ知恵を出して行けるようになりました。

 

50代これからですが良い習慣を継続して人格を磨いて行きます。

 

歴史に残る欲はありませんが、孤独にならないよう後悔しない生き方を

望んでいます。

 

皆さんはどうですか?

 

「全ての結果には原因があります」

 

後悔ないように生きましょう!

 

2016/05/23帰省

先日、島根の実家に帰省しました。
 
今回は
 
   父親の米寿お祝い
 
   兄貴の還暦お祝い
 
が重なりお祝いずくしでした。
 
合間に恒例の
 
   お墓参り
 
   出雲大社参拝
 
   同級生飲み会
 
があり、ゆっくりは出来ませんでしたが大変満足でした。
 
kakita_16052301
kakita_16052302
 
特に今回は高校時代の先輩のお店に行くことが出来て美味しい食事を
いただき大変感謝しております。
 
皆さん、是非出雲に行かれた時にはお寄りください!
 
 
今年、銀座にもオープンされました。
 
私も行きましたが島根(出雲)の食材を使った料理で大変健康的で美味しいです!
(特にのどぐろは絶品です)
 
シジミは宍道湖が有名ですが、私たち地元では身の大きな栄養価高い神西湖産を
好んで食べてました。
今回もお酒の〆のシジミラーメンが最高でした。
 
出雲大社を感じる事が出来るお店です。

2016/04/16松島にて

先日、お客様の会議で仙台に行ってきました。

震災後初めて東北に訪問することが出来て大変嬉しく思っております。

 

また、会議後にフェリーにて初めての松島観光も経験しました。

ユーモア交じりのフェリー内の松島説明、そして素晴らしい絶景に感動しました。

 

2016-04-16-02.jpg

 

帰りの電車からの景色では復興中の様子が窺えましたが、これからも継続しての復興支援が

必要なことが良くわかりました。

 

これから旅行を計画する方

観光に興味のある方

 

是非、温泉もあり素晴らしい景色、海の幸美味しい仙台/松島へ行ってみてはどうですか。

 

 

本来の目的の会議では

 

「お客様の今後の計画/方向性」

 

目指す方向が良く分かりました。

 

弊社経営理念(お客様第一の心)を実践するにはまず、お客様が何処を向いているかを認識

することが大事です。

お客様の今後の計画/方向性については私から役職者に伝えます。

旅人スタッフの皆さんにも共有しますので

 

行動宣言

行動指針

 

を基に全員で経営理念の実行を宜しくお願いします。

2016/03/12永年勤続のお祝い

先日、永年勤続のお祝いとして銀座で会食しました。

無事17名の該当社員全員が集まることができました。

有難う御座いました。

 

本来勤続10年が対象ですが策定したばかりで、なかには入社14年、

13年の方も合同でのお祝いでした。

 

ささやかですが永年勤続のお祝いとして

「ネーム入りボールペン」を贈呈することができました。

 

あらためて永年勤続の皆さん有難う御座いました。

会社は来年20周年を迎えますが、ここまで一緒にやって来れたのを本当に嬉しく思います。

 

思い返せば昔は

仕事が忙しすぎて家族面談したこと。

   クレーム対応で何度も会社で徹夜したこと。

色々なことがありました。

 

私も何度か挫折しそうになった時に


「逃げては行けない、負けないぞ」


と思えて実行出来た理由は、社員の皆さんが頑張っている姿を間近で見たからです。

 

今、旅人が存在しているのは多くのお客様、協力いただいている会社様のおかげでもありますが、間違いなく長きに亘って頑張っていただいている社員の皆さんの存在無しではあり得ません。

 

そして10年前に比べて、家族が増えた社員も多くなりました。

旅人社員を支えていただいている家族の皆さまにも大変感謝しております。

社員の皆さんが安心して働けるのは家族の皆さんの協力があってです。

本当に有難う御座います。

 

これからも「使命」を持って頑張りますので宜しくお願いします。

2016-03-13-01.jpg

 

2016/02/13全社定例発表会

半期に一度の定例発表会を開催しました。

 

2016年の重点施策でも掲げたように

「組織力向上」に注力します。

 

昨年は、個々の成長として皆さんに多くの資格取得などに励んでいただき

成果も出て来ました。

 

今年は、その土台をより活かすためにリーダーの皆さんへ

 

「チーム」として個々の力の総和以上の最高のパフォーマンスを発揮し

「お客様満足」の獲得をして欲しいと願っています。

 

具体的行動として

 

   自分のチームを良く知ること

    (部下について、チームをSWOT分析など)

   お客様へのヒアリング

    (お客様の要望は日々変化します)

 

そして課題、問題を的確に把握し知恵を絞って最高の提案をしましょう。

知恵が足りなければ助けを借りましょう。

 

全身全霊を注いて取組み、次回「最高の笑顔」で会える事を楽しみにしています。


2016-02-14-01.jpg 2016-02-14-02.jpg

 

2016/01/05明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

 

お取り引先の皆さま、協力いただきました関係者の皆さま

昨年は大変お世話になり有難う御座いました。

 

従業員の皆さん、忙しい中での協力有難う御座いました。

 

昨年は多くの業界で人員不足が続き、今後も消費税増税対応/オリンピック特需などで

IT業界の人員不足は続くと予想しています。

 

旅人では積極的な人員採用と教育を続けて行きますが、従業員の皆さんには昨年よりも

常に効率化を目指して業務の遂行をお願いします。

 

具体的には

「昨年は30分かかった作業を20分で出来るようにする」

 

もちろん業務内容によって効率化の限度はあると予想しますが、

業務内容を整理

   上長など先輩からアドバイスを受ける

などによって知恵を使うということです。

 

効率化は頑張るだけでは出来ません。

いかに知恵を使うかです。

 

その為に、旅人では研修制度、読書の推奨を行っています。

 

皆さんが現在持っている素晴らしい能力を将来も通じるように成長を期待しています。

 

本年も宜しくお願いします。

 

2015/12/21リーダーの皆さんへ お薦め書籍

私の尊敬する師の一人、白潟先生の書籍です。

世の中には様々なコンサルの方の書籍が溢れていますが、今まで読んで

一番腑に落ちた書籍であります。

 

なぜならば白潟先生は単なるコンサルではなく実際に中小企業を経営した

実体験を基にまとめた書籍で具体例が多く大変分かりやすい内容だからです。

 

特に経営者向け書籍は

「もっと早く読んでおけば早く会社の改革が進めた」

「今まで悩んでいた時間がもったいなかった」

 

と思う内容が多く、これから経営を目指す方にはお薦めです。

 

リーダーの皆さんには

 

「上司シリーズ」

 

が具体的な考え、指導方法が分かりやすく解説されていますので是非読んで

自分の考え行動に取り入れてみて下さい。

 

 

皆さんには研修と読書によって

 

「自分のリーダー論」

 

を明確にし、正しい考え方で行動し今まで以上に成果を伸ばす事を期待しています。


2015-12-21.jpg

 

2015/11/21「七つの習慣」

昨年のリーダー対象研修に続いて、今年は一般社員対象研修として

「七つの習慣」の集合研修を行いました。

 

内容は昨年のリーダー向けから視点を変えた一般社員向けの重視する

項目を絞り

 

今回は、

第一の習慣  主体性を発揮する

第二の習慣  目的を持って始める

第七の習慣  自分を磨く

 

上記を深堀りした研修です。

 

第一の習慣から第七の習慣まで全て重要ですが基礎となる第一の習慣、

第二の習慣を重視しています。

これは第一の習慣、第二の習慣を理解しないと以降の章の効果が薄い

からです。

根幹となる部分を、しっかり身に着ければ

「心」「行動」などが変化し仕事、プライベートすべてに成果が出ます。

 

昨年も大変効果を実感しましたが今年のレポートでも良い効果を感じ取れて大変嬉しく思います。

 

30名が1人の欠席も無く受講出来たのは、リーダーの皆さんの管理とお客様のご理解あっての結果です。

本当に有難うございました。

 

これから1年間、チーム別に勉強会を続けて行きますが、今後は全社的に

「七つの習慣」

の用語を使って議論が出来ることを期待しています。



1.jpg 2.jpg

 


2015/10/31<感謝の気持ち>

一流の経営者何人かと話していて


どういう人を引き立てたいか

という話題になったことがあります。


そのとき

ささいなことに感謝ができる人間

を挙げる人が結構いました。


部下、取引先、お客さんに感謝できる人は
まわりからも好かれます。


ふだんから
ねぎらいの言葉をかけてもらったり
感謝された人たちは、なんかあったら


この人のために頑張ろう

という気持ちになるでしょう。


なので、上手に感謝できる人は、自然と
まわりから慕(した)われるようになります。


逆に、感謝が足りない人は、みすみす
運を逃してしまっているとも言えます。


感謝できない人は
まわりの人の親切や気くばりが見えません。


してもらったことに気づかないか
すぐに忘れてしまうからです。


ちょっとした親切を忘れず
折に触れて感謝することができたら
きっと相手も、もっと応援してあげたい
という気分になるはずです。


それなのに
自らそれを切り捨ててしまうのですから
もったいない話ではないでしょうか。



先輩のところに、社会人になったばかりの
後輩2人が訪ねてきたとしましょう。


気前のいい先輩は、就職祝いとして
2人に同じ万年筆をプレゼントします。


1人は、翌日にお礼の手紙を出し
その後も先輩と会うたびに、万年筆を見せて「大事に使っています」
と嬉しそうに感謝の言葉を伝えます。


もう1人は、その日にお礼を言っただけで
終わっていたとしたらどうでしょう。


さきほどの先輩に、仕事の知り合いから


あなたのまわりで、どなたか優秀な人を
 ご紹介いただけませんか」と言われたら

間違いなく
最初の後輩を推薦するのではないでしょうか。


そうやって
恩を忘れない人の評価は上がっていきます。


かつて私は
メンターから言われたことがあります。


受けた恩を忘れないというだけで
 ある程度の成功はできる


また、感謝することは
能力が低くてもできることなのだから
どれほどやっても損はないのだと
教えてもらいました。


逆に、能力はあるのに成功できない人は
もしかすると
ふだん感謝ができていなかったり
周りの人に配慮が足りないのかもしれません。


事業をやっていく過程で
いろいろな人の力を借りているはずなのに
その恩を忘れてしまった可能性があるのです。


あなたは、ふだん、どれくらい
まわりの人に感謝を表現していますか。


ありがとう」という言葉を
1日何回ぐらい発しているでしょうか。


あなたの「ありがとう」が多ければ多いほど
あなたに好意を持ってくれる人も増えます。


何十億人という世界にいる人のうち
一生を通して親しくなる人は
ほんの数百人です。


この奇跡的な縁に感謝できれば、自然と
ありがたいなぁ」という気持ちが
湧いてくるのではないでしょうか。


ありがとう」を日常生活に増やしましょう。

 

以上、ネットからのお話しでした。

 

先日、お墓参りに行って来ました。

毎回、必ず掃除をしてから手を合わせて

「有難うございました。」

とお礼を申し上げました。

 

この習慣が出来てからは、何か問題があっても

誰かが守ってくれている

誰かが応援してくれている

と自分で思い込むようになり、私は自分の実力以上に全てにおいて

恵まれて来たと信じています。

 

老子の言葉にもありますが

「先ず与えよ」

自分から何かをする事によって道は拓け、運も見方してきます。

 

皆さんも是非、試みて下さい。

人生がきっと変わります。

 

2015/09/26なぜ我々は働くのか

久しぶりのお勧め書籍です。

この書籍は弊社が採用、教育でお世話になっている

株式会社 ジェイック社 http://www.jaic-g.com/

の推薦書籍でもあり興味を持って読ませていただきました。

 

十数年間経営者でいると、

 

「何の為に仕事をするのか」

 

という質問が議論になったことは少なくありません。

 

今までの人生経験で何となく理解し説明してきましたが、それを分かり易く

納得感ある形で示されたのが本書籍です。

旅人社員の皆さんには是非読んでいただきたい書籍でもあります。

 

リーダーの皆さんには、部下から

「何の為に仕事をするのか」

と質問され明確に答える事が出来る人がどれだけいるでしょう。

 

本書の中にもありますが

「部下の人生」に責任を持つとは

「部下の成長」に責任を持つこと。

 

そして「部下の成長」を支えるためにリーダーに求められるものは、究極ただひとつで

あると思っています。

 

「自分自身が成長すること」

 

私がリーダーの皆さんに

「部下の成長は上司の成長に比例します。」

と伝える理由はここにあります。

 

また旅人では、この数年で熱意溢れた人材の抜擢登用をしています。

 

自分自身が成長しているから、リーダーの地位につくのではない。

リーダーの地位につくから、自分自身が成長していかなければならない。

 

「立場が人を成長させる」

この事は私が身を持って経験して来たことです。

「部下の人生」に責任を持ち「部下の成長」に責任を持つことは最終的には

 

「部下を幸せ」

 

にするためです。

 

リーダーの皆さんには役割を理解していただき本気で行動して自分自身も幸せになって

いただきたい。

 

社員の皆さんには本書を通じて「働く目的」を理解し、人生において多くの時間を費やす

「仕事」を楽しく後悔無いようにして欲しいと願っています。


2015-09-28.jpg

 

TOPへ

   次のページ»