now loading...
K.O.K.O.

人を知るINTERVIEW

キャリアのイメージが明確だから、
迷わずに進める

K.O.

所属
SSC事業部
職種
テクニカルサポート
入社年度
2016年(新卒入社)
経歴
大学在学中はファミリーレストランにて接客業務に従事
趣味
ゲーム・ランニング
K.O.

自分がどう頑張ればいいかをイメージできた

就職活動中、大学が行なっていたイベントに参加して、旅人を知りました。
POSシステムの管理・保守業務ということで、入社後に、自分がどのような仕事をするのかが明確だったので、エントリーをしました。

ホームページを見ると、社員の方々が肩を組んでいる写真が載っていて、仲のいい会社なんだなと思ったのを覚えています。
また、最終面接では、「どのような人材になってほしいか」という具体的なキャリアの話がありましたので、これからどう頑張っていけばいいのかをイメージできたのが入社の決め手となりました。

K.O.

メンターのアドバイスに救われた

現在はテクニカルサポート職として、量販店やスーパーで使われているPOSシステムのお困りごとをサポートしています。
リモートでお店のレジに表示されている画面を確認したり、操作することができるので、お電話でお話ししながらパソコン画面を操作しながら・・・といった形で、お困りごとを解決します。

必要とされる専門知識が多く、最初は仕事を覚えるのが大変でしたが、マニュアルが用意されているほかにも、基本的にわからないことは先輩に聞けばいいので安心です。
新人さんにはメンターがついて、仕事を教える他にも、月に1回は何か困っていることはないかなどの面談をしてもらえるので、それも安心できるポイントとなっています。私はもともと電話対応に苦手意識がありましたが、メンターからのアドバイスなどで、電話対応をスムーズに行えるようになりました。

仕事をする上では、自分が対応した件で不明瞭な部分があった時に、そのままにしないで納得できるまで調べるようにすることを大切にしています。
わからないことは先輩に聞いていいんです。それで怒られる、ということはありませんから。

K.O.

後輩にとって、羅針盤のような存在になりたい

自分自身、部署に後輩が増えて研修で教える側の立場にもなりましたが、わからないことは遠慮せずに、どんどん聞いてきてほしいです。それが仕事上達への最短距離だと思っています。
また、人に教えるにあたっては「間違ったことは教えられない」と復習する、良い機会になっています。

自分がメンターの先輩方にお世話になって助けられたように、今後は自分が新入社員に「どんな存在になってほしいのか」をイメージづけしてあげられるような先輩になれればと考えています。こうなってほしい、と伝えることで相手もイメージしやすくなりますし、こちらもサポートしやすくなります。
後輩にとって、羅針盤のような存在になりたいですね。

ENTRY

あなたと出逢い、共に成長できることを
楽しみにしています。

ENTRYはこちら
エントリーはこちら